40代カラコンはじめてのカラーコンタクト

40代はじめてのカラコン

カラコン はじめて

20代、30代の頃よりアイメイクのノリが悪い。なんだかアイラインを引いてもまぶたのハリがなくてきれいに引けない。そんな悩みを抱え始めるのが30代後半から40代。眼の周りの皮膚の衰えもあり、若かった頃と同じメイクではちょっと違うなと感じてくるのが40歳前後です。

私はそもそも目が両目0.2と悪いこともあって、ワンデーアキビューディファインからスタートしました。ただ、年齢と共に瞳自体の輝きが減ったような気がしはじめ...。30代半ば頃から遂にカラコンデビューしました!

カラコンってなんとなく若い子がするイメージでしたが、今はナチュラルに盛れる大人向けのカラコンもどんどん増えています。ディファインのカラコンもデカ目になりすぎず、自然な感じでつけることができてうっすらカラーがついているカラコンならアイメイクが生えないときでもマツエク感覚でつけることができます。

スッピンでもカラコン1つで出かけられる

第一印象でもある目元をカラコン1つで断然に若々しく見えます!30代後半から40前後は女性はなにかと一番忙しい時期。主婦ならなおさらのこと。おしゃれも化粧も時短でナチュラルにできるものが人気です。そのため40代ではじめてカラーコンタクトを付ける人も増えています!

40代初めてのカラコン選びのポイント

そんな、40代でも自然でキラキラして映える、大人のカラコン選びのポイントをいくつか紹介します!

40代には自然に映えるナチュラルカラーが◎

40代のはじめてのカラコンはとにかく自然に映えるナチュラルカラーを選ぶのが大事です。会話をするときは相手の目を見て話しますよね。40代なのにカラコン?と思われる人のが嫌な人が多く、とにかくバレたくない!が必須の条件だったりします。つけている時とつけていない時の差のない自然なナチュラルカラーが人気です。黒目さんがいきなり薄いブラウンにするのは絶対にNG!黒目さんはぼかしフチのある黒かグレー系から、茶色い目の方はやや明るいブラウン系からはじめてみましょう。

40代のはじめてのカラコンは違和感のないナチュラルカラーが無難です。眼科ではいくつか試せるので実際に見て、反応を見られてみるのもいいですね。

簡単で目に優しいカラコン選び

40代ではじめてのカラーコンタクトをするときは、カラコンをつけると曇ったように見える。ゴロゴロする、違和感がある、すぐに乾くなどなかなかカラコンに慣れない人もいます。そんなドライアイやビギナーさん向けに、長時間の使用でもうるおいをキープできる含水料たっぷりの「ネオサイトワンデーシエル」「アイコフレワンデー」などナチュラルカラコンもオススメです。

ネオサイトワンデーシエル【度あり・なし】
アイコフレワンデー【度あり・なし】

40代ではじめてのカラーコンタクトはコンタクトレンズの装着液を使うと違和感が軽減されたりします。仕事でパソコンを使う人は特にドライアイになりがちなので、瞬きをこまめに意識することも大事です。カラコン専用の目薬や着用時間・期間をきちんと守って目をいたわりましょう。

盛りすぎNG! 着色サイズは控えめに!

40代ではじめてのカラコンを選ぶとき注意したいのは、40代は大人ですから、若い子のようなデカ目&盛りすぎには注意しましょう!裸眼を少しくっきりさせるだけで自然に目力をUPできます。シンプルなサークルレンズ系で着色サイズが12.8~13.0くらいがオススメです。40代の大人のモデルやタレントも続々とカラコンをプロデュースしています。年齢層に合わせて着用感のイメージや雰囲気をみて選ぶのもるのもいいですよ。

TPOに合わせたカラコン選びを

40代にもなると多いのが同窓会。常に会っている人たちとは違って久々に会う人たちが多いからと一段と気合がはいりまくります。いくつになっても綺麗でいたい。そんな乙女心は永遠に健在しています!

ナチュラルな普段使いのカラコンと、同窓会やパーティーなど華やかな場所で印象に残る!そんな目元をつくるカラコン選びを楽しみましょう!

ナチュラルな大人カラコン通販なら美LABO

自然に見える大人ナチュラルなカラコンは即日配送で送料無料の美LABOがオススメです!


トップへ戻る